短期か長期、どちらが良いの?

仕事探しの前に考えておくこと

仕事探しをする場合、短期のものと長期のもののどちらを選ぶかで迷うこともありますよね。短期の仕事は、報酬が比較的高めに設定されている場合が多いものの、拘束時間が長くなりがちなことも少なくありません。一方、長期の仕事では、勤務時間に融通を利かせるといった細かな対応を求めることも可能になるものの、短期的な報酬アップは見込めないことが多いと言えます。どちらにもメリット、デメリットがありますので、選ぶ際は、どの様に働くことを望んでいるのか、そしていくら稼ぎたいかといった部分を考慮して、判断するのがお勧めと言えます。また、短期であっても長期であっても、働く間は、時間も労働力も拘束されることになります。生活スタイルなどを考え、無理のない仕事選びをすることが大切です。

仕事を選ぶ場合のポイント

長期と短期の仕事を選ぶ際は、考慮すべきポイントが異なります。それぞれの特徴を踏まえることで、失敗することも少なくなりますから、しっかりと把握しておくことがお勧めです。まず、長期の仕事ですが、ポイントとなるのはやはり継続です。一度や二度のことであれば耐えられることも、日常的に継続することが必要になると、思いの他、負担になります。続けることが苦ではない仕事を選ぶこと、そして仕事場までのアクセスの良さが大切になります。また、短期の仕事では、体調管理がポイントになります。短期の場合、人材の確保がギリギリの仕事も多いので、一人でも働けなくなってしまうと、その負担が他の人へと割り振られることになります。仕事を休んでしまうと、周りに迷惑をかけることはもちろん、収入も減ることになるので注意が必要です。仕事内容や期間を考慮し、しっかりとこなせる仕事を選ぶことが大切になります。

仕事を探すときには、まず雇用形態について選ばなければいけません。正社員で探すのか、それともアルバイトやパート職を探すのかによって、仕事の探し方も変わってくるでしょう。希望する雇用形態別の仕事探しのポイントについて紹介します。

アルバイトやパートの仕事探し

正社員の仕事探し