アルバイト情報誌での求人を見るときのポイントを知っておこう

希望する条件は?まずは書き出してみよう

アルバイトをしようと思ってアルバイト情報誌をペラペラめくってみても、すぐに良いアルバイトが見つかるものではありません。まずは、自分が希望する条件を箇条書きで良いので書き出してみましょう。

やってみたい職種、希望する時給はいくら以上か、週に何回働くか、土日祝日も働くのかどうか、一日のうち何時間、何時から何時まで働くか、通える範囲だとどのあたりで働きたいか、各種保険についての希望など、簡単でいいのでメモします。

アルバイト情報誌を見る時は、自分がメモした希望条件に合う募集記事があれば、赤丸を付けたり切り抜くなどして取っておきます。後でまとめて検討した方が効率よく絞り込むことができます。

また、募集記事からは、募集している時間帯、曜日、年齢、経験などから、どんな人を採用したいかがわかります。自分が条件に合っていないと不採用になってしまうこともあるので、応募をする前にあらかじめ確認しておきます。

募集条件は細かくチェックしましょう

アルバイトでは働いた時間によって給料が支払われるため、時給はとても重要です。募集条件に、たとえば、深夜時間帯や土日祝日は時給が通常の時間帯よりアップする場合もあります。

また、「土日祝日働ける方、歓迎」や「夕方から閉店まで夜間働ける方、募集」のように募集する側の希望が記載されていることも多くあります。募集側の希望に合っていれば、応募から採用までスムーズに進むこともあるので積極的に応募を考えてみてもいいかも知れません。

ほかには、時給以外に支払われる交通費の上限が決まっていることもあります。交通費を使ってアルバイトに行く場合、自分が支払う金額の方が多くなり損をしないか計算してから応募します。また、バイク通勤禁止など雇用のルールも異なるので見落とさないようにします。

募集記事の細かい部分までじっくり読み込んで、希望に合ったアルバイトを見つけましょう。

仕事を探すときには、まず雇用形態について選ばなければいけません。正社員で探すのか、それともアルバイトやパート職を探すのかによって、仕事の探し方も変わってくるでしょう。希望する雇用形態別の仕事探しのポイントについて紹介します。

アルバイトやパートの仕事探し

正社員の仕事探し