適性検査で自分に合った仕事を知ろう

自分にぴったりの仕事が分かる?適性検査とは

職業適性検査は、自分の性格や能力を測定し、それぞれの強みを判定します。それを基に、個人の強みを生かすことができる職業を知ることができる検査です。
検査は、いくつかの質問に答えていく形式がほとんどです。質問に答えることで、得意分野や性格、仕事に関する価値観、コミュニケーション能力などを測定することができます。その結果によって、一人でコツコツと作業をすることが得意なタイプ、独創的で想像力が豊かなタイプ、人と接することが得意なタイプ等に分類します。そして、分類されたタイプに適した職業を紹介してくれます。
例えば、「一人でコツコツ作業することが得意なタイプにおすすめの仕事は、プログラマーやエンジニアが向いている。」等のように具体的な職業名を挙げてくれる検査がほとんどなので、自分にぴったりの仕事を探すきっかけになるでしょう。

正社員の仕事探しに適性検査がおすすめの理由

職業適性検査を利用して、自分にぴったりの仕事を見つけることは、就職に失敗することを防ぐために効果的です。仕事には、「その仕事が好き。」というだけでは、続けられない面があります。むしろ、好きな仕事より、自分に向いている仕事の方がストレスなく続けられる可能性もあります。適正検査で興味のない分野が向いていると判定されたとしても、飛び込んでみると意外と自分に合っていたということも充分ありえます。適性検査の利用は、自分自身の可能性を広げることにもつながります。
正社員の仕事を探している人にとって、就職の失敗はなるべく避けたいところでしょう。そのため、仕事探しの参考に、適性検査の結果を参考にすることはおすすめです。

仕事を探すときには、まず雇用形態について選ばなければいけません。正社員で探すのか、それともアルバイトやパート職を探すのかによって、仕事の探し方も変わってくるでしょう。希望する雇用形態別の仕事探しのポイントについて紹介します。

アルバイトやパートの仕事探し

正社員の仕事探し