転職の場合重要になる履歴書の書き方

会社の立場に立って履歴書を書く

履歴書を書くときには、相手側の立場すなわち会社側の立場に立って考える必要があります。 自分が応募する会社が自分の履歴書を見たときに「この人と会ってみたい」「この人を採用したい」と思ってもらえるような書き方をする必要があります。最低でも、「この人を採用したくないな」「この人と一緒に働きたくないな」と思われるような履歴書を書くことは避けなくてはいけません。履歴書は相手の立場に立ちながら、自分をアピールする必要があります。 嘘を書くことはいけません。しかし、応募する会社で働くにあたって必要のないことは書かなくていいですし、応募する会社が知りたくないこといくら書いても無意味です。会社側が履歴書から何を知りたいと思っているのか、この点を意識して履歴書を書く必要があります。

履歴書では会社が一番知りたがっていることをアピールする

転職においては今までしてきた仕事の内容と何より今までの仕事の中でどれくらい結果を出してきたかが重要です。 新卒の就職なら、人間性がよければ、今すぐに結果を出せるような人材でなくても将来性を含めて判断されるでしょう。 しかし、転職においては将来性よりも即戦力が求められるのではないでしょうか?会社側に立って考えると、その人の将来性よりも、短期間で仕事に慣れて結果を出してくれるような人物を望むはずです。 そうすると、転職者としては、どんな仕事にどのように取り組み、どれくらい結果を出してきたかをアピールする必要性があります。会社や職種にもよるでしょうが、どれくらいの結果を出してきたのかが特に重要であるはずなので、この点を履歴書では強くアピールする必要があるでしょう。

仕事を探すときには、まず雇用形態について選ばなければいけません。正社員で探すのか、それともアルバイトやパート職を探すのかによって、仕事の探し方も変わってくるでしょう。希望する雇用形態別の仕事探しのポイントについて紹介します。

アルバイトやパートの仕事探し

正社員の仕事探し